【取り扱う施術法】
鍼灸、柔道整復(保険取り扱い)、整体(ゆがみの治療)、マッサージ
※御予約治療、往療(出張)有

麻痺の分類とケア、鍼灸、リハビリ

麻痺の分類とケア、鍼灸、リハビリ

脊髄損傷や脳血管疾患は、術後、又投薬後・投薬と合わせて、リハビリや介助(残存機能を活用しての介護)が必要です。

中国天津の病院では脳卒中に、醒脳開竅法という鍼灸治療も行われています。

分類や片麻痺の方の介助法などを中心に、鍼灸やリハビリも少しご紹介したいと思います。

 

1麻痺の部位による分類

-四肢麻痺

両上下肢麻痺

大脳 脳幹 頸髄等に障害

体幹の筋肉も麻痺の為座位困難

-対麻痺

両下肢麻痺 両上肢健全

脊髄損傷が多い

-片麻痺

片側上下肢麻痺

脳卒中、頭部外傷による片側の脳、

脊髄損バランス保持機能低下の為、要介助

-単麻痺

上下肢のいずれか一肢

多くはポリオ

 

2機能による分類

-運動麻痺

完全麻痺

不完全麻痺

-感覚麻痺(知覚)


 

・T字杖の歩行の基本動作(T字杖は不安定なので比較的重症でない方の使用です。少し前側方につき肘を軽く曲げ、大転子(股関節の出っ張り)の高さに合わせます)

 

1.平地/平地段差・障害物

1杖 2患側足 3健側足 の順で介助者は患側側へ、腰付近に手を添えるか、触れない程度(腰・患側肘付近)に緊急時に支えられる位置に。

 

2.上り階段 

1杖 2健側足 3患側足  の順で介助者は患側後方へ、腰付近に手を添えるか、触れない程度(腰・患側肘付近)に緊急時に支えられる位置に。に緊急時に支えられる位置に。

 

3.下り階段

1杖 2患側足 3健側足 の順で介助者は患側前方へ、腰付近に手を添えるか、触れない程度(腰・患側肘付近)に緊急時に支えられる位置に。

 

・患側側から介助する為、分回し歩行(片麻痺の方に多くみられ、麻痺側の足を前に出す為に、麻痺側の頸部・肩部の筋肉をも使い骨盤を上に引き上げ骨盤ごと膝伸展位・足部底屈位のまま足を外側から回して前に出す、麻痺側半身を一つの塊の様に一気に動かす)のある方の介助者は、緊急対応する為、離れすぎず絶妙な距離間を保つことが大切です。また麻痺側(介助側)の肩関節脱臼を起こしやすいので、腕をつかんで引っ張る様な介助は厳禁です。 尚、患側・健側の順は原則です。

 

 

・脳卒中(後遺症)の鍼灸治療

1.伝統的鍼灸治療

曲池 外関 合谷 陽陵泉 足三里 太谿 肩ぐう

 

2.醒脳開竅法 天津中医学院では、伝統鍼灸に比べ有効率が倍以上の76.7%としている。

内関 水溝(人中)極泉 尺沢 合谷 委中

 

内関には1分の提挿(鍼の刺入引き上げ)と捻転の瀉法

人中には、雀啄瀉法、目に涙に潤むまで

 

極泉 尺沢 合谷 委中

提挿瀉法 3回程度の抽動(手足が動くまでの刺激)

 

3.頭針療法 体鍼との組み合わせも

片麻痺  運動区

感覚障害 感覚区

 

醒脳開竅法とは、天津中医学院で考案された。

脳卒中は、竅閉神匿(孔を閉じて神を内に隠す)により起こるとし、醒脳開竅をし、疎通経絡 滋補肝腎 し改善を目指す。

 

 

・リハビリの1つを紹介

*PNF Proprioceptive Neuromuscular Facilitation 固有受容性神経筋促通法

脳血管障害・脳性麻痺、脊髄性疾患等による神経障害・筋力低下・協調性不全・関節可動域制限などの改善、日常生活に必要な運動機能を獲得・向上させるためのテクニック。

一般の健常者やSports選手に対しても、全体の筋力バランス・柔軟性・持久力・反応時間・運動能力の低下に対して、運動機能の改善と向上に応用出来、高度なスポーツ技術を獲得・向上させる為のSkill(巧緻性)に適応できる。

術者が刺激と操作を加え生体反応を引き出す治療法。

大学病院やリハビリテーション病院・特に脳血管障害の方に対してリハビリの施設で理学療法士の先生が中心に行われています。

当院は、肩関節の疾患、腰、下肢その他に対してのリハビリを中心に行っております。

 

 

 

 

 

 

 

作成中

 

適応疾患:労働災害(労災保険)、後遺症、交通事故(自賠責保険)、眩暈(めまい)むち打ち等による吐き気・嘔吐の症状、眼精疲労、頭痛(緊張性頭痛・片頭痛)、肩こり、肩・背中・首の痛み、腰痛、ぎっくり腰、(膝痛などの)関節痛、(頸椎・腰椎椎間板ヘルニア等による)神経痛、スポーツ障害、不眠、頚部捻挫・頸椎捻挫(むちうち・ムチウチ)、冷え性、便秘、下痢、胃腸障害、更年期障害、花粉症、肥満(ダイエットの補助)、美容、他。各種Card・健康保険取扱い(適用疾患アリ)。お気軽に御相談下さい。
地域:東京都世田谷区、駒沢大学駅、東急田園都市線駒沢大学駅、駒沢公園、桜新町駅、新町、深沢、中町、弦巻、用賀、上馬、世田谷、野沢、目黒区、東ヶ丘、他。東急バス(三軒茶屋・渋谷行)、(二子玉川・高津営業所行)、(等々力・祖師谷大蔵行)、新規バス路線(等々力操車場・世田谷区民会館・国士舘大学・梅ヶ丘駅行)、東急コーチ(自由が丘・駒大深沢キャンパス前 循環バス)<<東急電鉄 桜新町駅徒歩10分 駒澤大学駅公園口下車徒歩7分>>
逸鍼堂鍼灸治療院 たまがわ整骨院
東京都世田谷区駒沢4-19-12プレール・ドゥーク駒沢公園101
(お急ぎの方は電話にてお願いします)

症例

・PCR検査とコロナワクチン予防接種

2021-08-22

・PCR検査とコロナワクチン接種医療・介護関連施設の従事者は、現在PCR検査を少なくとも1~2週間に1度受けているそうです。うちの職場も1回...

肩こり(頚・背部)には 何が?

2021-02-16

肩こり(頚・背部)には何が?肩こりには、鍼灸・マッサージ・姿勢矯正(円背・猫背)・側弯)が効きます。  体(臓器)にもやさしい治療です。から...

呼吸器疾患(ウイルス感染症)の予防、治療、緩和法

2021-01-31

呼吸器疾患(ウイルス感染症)の予防、治療、緩和法 ★正常安静呼吸で使う呼吸筋の横隔膜、外肋間筋を鍛える。喘息の改善にも役立ちます。横隔膜も筋...

寝たきり原因第1位 脳卒中の症状と分類 、生活習慣病、日常生活・食生活、鍼灸・リハビリ

2021-01-25

寝たきり原因病第1位 脳卒中の症状と分類 、生活習慣病、日常生活・食生活、鍼灸・リハビリ 皆様何方もが避けたい寝たきり原因第1位の脳卒中につ...

麻痺の分類とケア、鍼灸、リハビリ

2020-11-05

麻痺の分類とケア、鍼灸、リハビリ脊髄損傷や脳血管疾患は、術後、又投薬後・投薬と合わせて、リハビリや介助(残存機能を活用しての介護)が必要です...

ぎっくり腰・腰痛予防、再発予防、ボディメカニクス、介護

2020-10-06

【ぎっくり腰・腰痛予防、再発予防、姿勢、体の使い方】ボディメカニクス(人間の運動機能の力学的相互関係を活用した身体に負担をかけない技術)は、...

腱鞘炎(ばね指・弾発指)、前腕腱鞘炎

2020-09-18

腱鞘炎(ばね指・弾発指)、前腕腱鞘炎 部位により、傷病名が異なりますが、腱とそれを覆う腱鞘が使い過ぎ(摩擦)が原因の疾患です。 患部組織が損...

コロナウイルスなど感染症と予防のために

2020-08-16

コロナウイルス等の感染症と予防のために 他のウイルスとは違い、コロナウイルスの感染時期の特徴として、発熱や咳の症状が表れる少し前が感染力がピ...

免疫力向上効果としての鍼灸

2020-05-07

免疫力向上効果としての鍼灸 虚弱体質(体質改善)、病中 病後、風邪予防などに効果があります。  免疫力向上効果としての鍼灸 松尾芭蕉は、足三...

顎関節症

2020-04-08

顎関節症口腔外科・歯科、心の病、習慣 身体のゆがみ 様々な原因があります。咀嚼筋などへの、鍼灸やマッサージ等の手技療法は、顎関節症への治療や...

東洋医学(漢方)

2019-06-22

東洋医学(漢方) 多くの漢方薬(鍼灸治療も証をたて虚実みたり、気血水の考え方は同じです)は、その人の体質や症状に合ったものでないと、十分に効...

足や顔・体のむくみとは? 原因・治療・留意点は?(鍼 灸 マッサージ 運動療法 ストレッチ 日常生活(食事・運動))

2019-06-19

足(など)のむくみの原因と治療・留意点鍼 灸 マッサージ 運動療法 ストレッチ ウオーキング 日常生活、食生活の留意点・edema=浮腫=む...

認知症の兆候を示す歩行

2019-06-14

認知症の兆候を示す歩行 1 .よくつまづく2. 左右の歩幅が2センチ以上ずれる3. 歩行速度が 1m/秒 を割る 認知症の兆候を示す歩行です...

神経性疼痛(痛み)の機序(メカニズム)と治療について

2019-02-21

神経性疼痛(痛み)の機序(メカニズム)と治療についてhttp://www.jsam.jp/pdflib/kiso_p4.pdf手術適応以外ま...

頚肩腕症候群

2018-11-08

【頚肩腕症候群】概要と症例首、手、腕のシビレ、痛み、だるさ、脱力感、重い首や肩のこりなど、多い疾患であり、治療院にも多く訪れる疾患です。指定...

アーカイブ

古い記事はアーカイブへ

交通事故