肥満と鍼灸 (肥満のメカニズムと鍼灸治療)

 

「肥満の分類」

・単純性肥満ー症候性肥満  

・下半身肥満(洋ナシ型で1番多い)ー上半身肥満(りんご型で男性に多い≒内蔵型肥満) 

・皮下脂肪型肥満ー内臓脂肪型肥満

 

「肥満の判定 1 」(日本肥満学会の指標) BMI 体重Kg/身長M

・BMIの理想22(疾病率が低く長生きする)(痩せすぎも注意)

・標準体重=身長m×身長m×22

・日本(米国は少し高い) 18.5未満       低体重(やせ)

                18.5以上25未満  普通体重

                25以上        肥満  

「肥満の判定 2」

・ウエスト・ヒップ比  臍部周径と臀部周径(最大)の比

男 0.9-1.0以上

女 0.8-0.85以上  

  の場合上半身型肥満≒内蔵型肥満(洋ナシ型に対しこれをりんご型という)

 

・「肥満判定 3」  *1番正確

V(内臓脂肪の面積)/S(皮下脂肪の面積)比

CTスキャンを用い、臍の位置で断層撮影をする方法で、内臓脂肪型の診断に利用

V/S比0.4以上が内蔵型肥満

 

「心筋梗塞予防基準 」 重要

 

男性 W85cm  女性W90cm

中性脂肪150mg以上 またはHDL(善玉)コレステロール40mg未満

血圧最高130mmHg以上 または最低85mmHg以上

空腹時血糖値110mg/dl以上

 

「体重の調節とセットポイント説 」

肥満者と非肥満者との基本的な代謝の差はない。

セットポイント(SP)による体重は遺伝子情報として記録されていて、SPの体重を維持しようとする身体の調整機構は、15%が限界。

 

「肥満遺伝子」